ぼちぼち、編み物

編み物したり、エクセルで編み図を描いてみたり。ぼちぼち更新していきます。

アラン模様のニットキャップ

こんにちは、ゆきまるです。
ぼちぼち編んでいたアラン模様の帽子、本体2個編みあがりましたー。

 

f:id:marukokko:20170727111053j:plain

 

 

 

最近お気に入りのHugs&Kissesのパターンをメインにしたオリジナルです。


編み上がりとは言っても、糸始末がまだなので完成ではないのですが。
(糸始末キライ。モチーフつなぎでは後回しにした挙句、最後に地獄を見るタイプ。)

 

エンジ色の方はトップにポンポンを付ける予定。

 

両方同じ編み地ですが、シルエットを変えてみました。
使用糸も同じ、ハマナカのアメリーを色違いで使用。

 

毛糸のラベルにある参考使用針が6~7号のところを、3号針できつめに編んでいます。

 

 アイテムやデザインにもよりますが、アラン模様はきつめにきっちり編んである方が好き。

 

オリジナルのニットキャップは、イメージ通りのシルエットに仕上げると同時に
徐々に減っていく目数にあわせてどのように模様を崩していくか?
を考えながら編むのが楽しい!!

 

しかし。
持前の数学的センスの無さが発揮され
(実際のところ、数学以前の問題で小学校高学年レベルの算数すらアヤシイ。)
最初に考えてたものとはちょっと違った仕上がりになってしまいました。。。

 

模様のここで編み終わりたいから、編みはじめを模様はどこにするかだとか
減し目の位置をどこに持ってくるかだとか
しっかり計算して編み始めたつもりだったんだけどなー。

 

どこで計算間違ったんだか。

 

でも偶然に。
トップの目をしぼったら、こんな模様が現れましたー。

 

f:id:marukokko:20170727111132j:plain

 

なんだかお花みたいで可愛い♪
(結局はポンポンで隠れちゃうんですけどね。)

 

こういう偶然の出来事があったりするのも、また楽し。
気に入らなけりゃ、ほどいてやり直せばいいんだし。

 

模様自体は結構気に入っているんですが
繰り返して配置してみると、なんだか単調な感じになってしまったのが残念。

 

というわけで、この模様を使ってヘアバンドも制作決定。
こちらは編み図も描いてみようと思います。

 

それでは、またねー。

 

 

 

 

 

 

かぎ針で編むお花の立体モチーフの作り方

 

こんにちは、ゆきまるです。
今日はお花の立体モチーフの編み方をご紹介していきまーす。

 

 f:id:marukokko:20170725110031j:plain

  

今回はかぎ針4号と太目のモヘアを使用。出来上がりのサイズは直径約5cmです。

 

使用する糸は一般的なストレートヤーンでもよいのですが、ふんわり感が出るモヘアがおススメ。

 

 

それでは編み図をどうぞ。

 

f:id:marukokko:20170725112640p:plain

f:id:marukokko:20170725112712p:plain

 

モチーフAとモチーフB、それぞれ1枚づつ編みます。

 


輪の作り目で編みはじめ、図の箇所で増し目をしながら円系モチーフを編みます。
(モチーフAは2段、Bは3段編みます。)


円が編めたら、続けて鎖3目で立ち上がり、鎖1目・長編み1目・鎖1目・長編み1目と前段の細編み1目に編み入れます。


続いて鎖1目編み、次の細編みにも同様に長編み・鎖編み・長編み・鎖編み・長編みと編み入れます。


ぐるっと1周繰り返し、最後は立ち上がりの鎖3目目に引き抜きます。

 


編み続けるうちに、だんだんとフリフリになってくるのがちょっと楽しい♪

 


最終段は、前の段の鎖編みに細編みと鎖3目を編み入れていきます。


ここまでくると結構な目数になっているし、おんなじ編み方の繰り返しだしでちょっと大変かも。。。
ですが、ここはひたすら無心で編み進めていきましょー!!

 


モチーフが編めたら、2枚をまとめていきます。


まず、モチーフAの中心に花芯を縫い付けます。
画像では極細の毛糸で編んだニットボールを使用していますが、ボタンやビーズなどお好きなものをご用意ください。


モチーフBの上にモチーフAを重ねてぐるっと一周まつりつけたら、糸始末をして完成!! (モチーフAの編みはじめの糸を長めに残しておいて、まつり糸に使うと糸始末がちょっとだけ少なくなって楽~♪ ちょっとだけだけど。でもこういうちょっとした事って大事ー。糸始末って面倒だからなるべく少なくしたいよねぇ!?) 

 

出来上がったモチーフは、ヘアゴムやコサージュなど色々アレンジして楽しんで頂けたら嬉しいです。

 


それでは、またねー!!

モチーフつなぎのカチュームの作り方

こんにちは、ゆきまるです。
今日はモチーフつなぎのカチュームの作り方のご紹介です。

 

f:id:marukokko:20170724111315j:plain

 

今回は極細毛糸とかぎ針2号を使用していますが、レース糸で夏仕様にしても。
もうちょっと太目の糸を使って幅広にしても可愛いと思います。
(糸が細すぎたり、滑りやすく編みにくい場合は小指に一回巻きつけると編みやすくなりますよー。)

 

つなぐモチーフの枚数は、ご使用の糸にあわせて調整して下さいね。

 

それではまず、モチーフの編み図からどうぞー。

 

f:id:marukokko:20170724111408p:plain

 

このモチーフを11枚、針を入れ替えてつなぐ方法で編みながらつないでいきます。

 

 

f:id:marukokko:20170724111438p:plain

 

 モチーフをつなぐ位置の手前の細編みまで編み、次に鎖一目。
針を一旦はずし、隣のモチーフのつなぎ位置のループに表側から針を入れます。

 

再び針に目を戻してそのまま引き出し、鎖編み。(緩まないように注意。)

 

続けて鎖一目、細編み一目編みます。これで一か所つながりました。
これを繰り返し、三か所でつなぎます。

 

編み終わったらモチーフの隙間を利用してゴム(20cmくらい。結び目分含む。)を通し、端を結びます。
(上の画像の赤い○の位置に通します。反対側は対称になる位置に通してください。)

 

結び目をゴムの中心に来るように持ってきたら、裏面に手芸用の接着剤を塗ったリボンを巻きつけ、結び目を隠します。
(接着剤が乾くまで洗濯バサミ等で挟んでおくとくっつきやすくなります。)

 

 

f:id:marukokko:20170724111506j:plain

 

 

つなぐモチーフの枚数やゴムの長さを変えれば、お子様用にも簡単にアレンジ出来ます。

 

ちょいお揃いで親子でお出かけとか、憧れるわー。(予定無し。)

 

本日は以上でーす。

 

次回は立体のお花モチーフの編み方をご紹介したいと思います。

 

 

f:id:marukokko:20170724112938p:plain

こんなの。

 

それでは、またねー。

 

 

 

 

もこもこシュシュをアレンジしてみよう!!

こんにちは。ゆきまるです。
今日は前回のもこもこシュシュをアレンジしていきまーす!!

 

 

cast-on.hatenadiary.jp

 


ちなみに?ハズレの果物にあたった時には、サラダにアレンジ。
お気に入りは、桃を皮ごとトレビスやサラダ菜の様な
ちょっと苦みのある野菜とあわせたシーザーサラダ。
生ハムをトッピングしても美味♪

 


じゃあまずこんなモノを用意します。

 

f:id:marukokko:20170719143331j:plain


鎖編みのコードの両端にポンポンを付けたモノ。
コードの長さやポンポンの大きさはお好みで。

 


で、これをシュシュに結び付けて、と。

 


ぽんぽんチャーム付きのもこもこシュシュの出来上がりー!!

 

f:id:marukokko:20170719143355j:plain


着けた時にポンポンがゆらゆら揺れて可愛いのです。

 


こちらはベースのシュシュにあわせて、生成り~ベージュのグラデーションのポンポン。

 

f:id:marukokko:20170719143421j:plain


こちらは生成りをベースに、シュシュに混じっているネップの色をMIX。

 

f:id:marukokko:20170719143448j:plain


ベースのシュシュに使われている色を選んで、一体感が出るようにしてみました。

 

が、思いっきり反対色を使ったり、色違いのポンポンをいくつも付けたり。
ポンポンをタッセルに変えたり、かぎ針編みのモチーフを付けたり。アイディア次第でアレンジは無限大。

 

チャームをいくつか用意しておいて、気分によって付け替えるのも楽しい♪
シュシュに結んであるだけなので付け替えも簡単。
名付けて“着せ替えシュシュ”!?

 

ひとつのシュシュが簡単に雰囲気を変えられるポンポンチャームアレンジ、
よかったらお試し下さい。

 

それではまたねー!!

 

かぎ針で簡単!! もこもこシュシュの作り方

こんにちは。ゆきまるです。
今日はかぎ針で編む、もこもこシュシュをご紹介したいと思います。
鎖編みと長編みが出来れば、ちょっとの時間でさくっと簡単に編めちゃうので
かぎ針編み初心者さんにもおススメですよー。

 

f:id:marukokko:20170718141215p:plain

 

それじゃまず用意するものから。
お好きなもこもこの毛糸を一玉とかぎ針。
かぎ針は号数にはあまりこだわらず、編みやすい太さの針であればOKです。

 

それから土台になるヘアゴム。
最初から輪になってるものだと結び目が目立つこともなく、きれいな仕上がりに。

 

その他にとじ針とはさみ。とじ針は、なければかぎ針でも代用できます。

 

続いて編み図はこちら。

 

f:id:marukokko:20170718141046p:plain

 

鎖編みと長編みの繰り返しで、土台のヘアゴムをぐるっと二周編みくるみます。

 

簡単に編み方を説明しますね。ポイントは二周目の編み方です。

 

アゴムに鎖三目の立ち上がりを編みつける。
そのまま続けて鎖三目編んだら長編み一目をヘアゴムに編みつけます。

 

その後は鎖三目、長編み一目を編みつける、の繰り返しでぐるっと一周します。
糸の太さや好みにもよりますが、一周大体20~25回くらい。お好みで調整してください。

 

編み終わりは最初の立ち上がりの鎖三目めに引き抜きます。

 

続いて二周目。今度は一周目目の長編みと長編みの間に編みつけていきます。

 

編み終わった一周目を前に倒し、編み始めの立ち上がり鎖三目と、長編みの間から編み始めます。
立ち上がりの鎖三目をヘアゴムに編みつけたら、続けて鎖三目。
次の長編みは、一周目の長編みと長編みの間に編みつけます。

 

その後も一周目を前に倒しながら、長編み・鎖三目を繰り返します。


編み終わったら、端糸を目立たないように編み目にくぐらせたら出来上がり!!
長編みの位置をずらしてフリルを二周編むことで、ボリューム感のある仕上がりになります。

 

で。まぁこれで完成!!
でもヨイのだけれども。
なんだかこれじゃ糸の可愛さの勝利というかね。ひねりが無いなっていうかね。
なんだか物足りないなっていうかね。もうちょっとあれやこれやしたいよね!!!!

 

てコトで。次回はこのシュシュをベースにアレンジを加えてみたいと思います。
それではまた!!

ブログはじめてみました

はじめまして。ゆきまると申します。


編み物に関するネタを、ぼちぼち書いていきたいと思います。


よろしくお願いいたします。